育つときに大きく育てたい当園の歴史

設立の経緯とあゆみ

撚糸工場

終戦後の昭和20年代当時、川島村(現在:各務原市川島)には幼児を保育する施設は無く、 子ども達を十分に保育する環境がない時代でした。 当時、西養寺19世住職である(故)三宅晃允は、「子ども達の保育の必要性」、 「人に感謝できる心を持つ子を育てたい」という思いがありました。 又、村民の要望もあり、昭和27年に西養寺本堂内にて個人立である川島保育園を設立しました。 宗教心を根底とした保育の基、児童福祉の向上に精進していく中、 地域住民・保護者の方々の信頼を得て昭和29年に、当時笠田にあった笠田分教場の校舎を譲り受け、川島保育園園舎が完成しました。 昭和30年代後半になると家内工業も著しく成長し、人口も増えました。 それに伴って急増する措置児童を受け入れることが出来ず、園の新設を急がねばならない状況にありました。 又、当時は尾張から美濃の一体には「幼児教育」を主とする幼稚園は無く、住民の幼稚園設置への願望は強まっていきました。 このような実情から、住民の熱い要望に応えるために、昭和40年に学校法人西養寺学園の設立認可を得、 同年に岐阜西別院幼稚園園舎(旧県立図書館)を移築し、かわしま幼稚園を設立しました。 当時は川島町の幼児だけでなく、隣接する一宮市や江南市からも大勢の子が通園しておりました。 その中で、愛知県にも幼稚園を設置して欲しいという要望があり、昭和47年に愛知県一宮市に大野幼稚園を設立しました。 昭和58年には、時代と共に保育の重要性や施設への要求も高まり、これらの要望に対応できる運営の児童福祉施設としていく為、 社会福祉法人西養寺福祉会の設立認可を得、翌年には当法人設置の川島保育園となりました。 平成13年には、地域子育て支援・学童保育・一時保育といった地域の方々の保育の援助を目的とした施設であるリバティー館を設立。 平成17年には、岐阜県より保育園・幼稚園の総合施設モデル事業に於ける実施園として県内唯一の指定を受け、川島保育園・かわしま幼稚園が共に調査研究し実施報告書を提出しました。 平成19年、初代理事長である三宅晃允が逝去すると、現在の理事長である三宅隆教が就任。更なる保育・教育の発展に努め、各務原市より市立保育所民営化の募集を受け、 平成20年に社会福祉法人西養寺福祉会更木保育所を民営化委託し、現在に至っています。