育つときに大きく育てたい保育理念

幼児期は人間形成における最も重要な時期です。 今日まで、当園は宗教的情操教育を根底に「心身共に健やかで人間としての豊かさの芽生えを育む」という目的を掲げ、 「知・・・考える頭脳を育てよう(つくりだしていく子)」 「情・・・豊かな心を育てよう(思いやりのある子)」 「体・・・丈夫な身体を育てよう(たくましい子)」を目指し、 『保育所保育指針』『幼稚園教育要領』に示された5領域の指導内容のうえに、 私学の特性や自主性を生かし、当園独自の特色ある指導(総合教育:体育ローテーション・日課活動・体育・英語・習字・作法)を行い、 幼児期の全面発達において「知・情・体」の調和がとれ、 一人ひとりが生き生きと健やかに成長していくよう進めています。 さらに、幼児の自主性・社会性を育成するために、体験活動を重視し、幼児期の発達段階を踏まえた最も適切な環境を与え、 「あしたの根っこ」となるよう基礎を培っています。

当園は「あしたの根っこ」を育てることをスローガンとしています。 目には見えない大地の下の根っこ(幼児)は、強い幹(小・中学生)を支え、枝(高・大学生)を張らせ、 やがてまばゆい緑の葉や美しい花(社会人)を咲かせます。 それには、強い信念・たゆまぬ努力・強靱な身体・優しい心が必要だと考える時、 幼児をとりまく環境(大人)は、互いに信頼し合い仲間となることが大事です。 歴史と伝統のある西養寺福祉会・西養寺学園の保育園・幼稚園は信頼のある園として、 これからも地域に深く根ざし、園と保護者が一体となって、 今の時代に生きる保育・教育を益々充実、発展させていくよう精進し、皆様のご期待に応えていく園を目指したいと思います。

社会福祉法人西養寺福祉会
学校法人西養寺学園
理事長 三 宅 隆 教

「あしたの根っこ」
草木にふれ、小さな生き物の存在に気づく。
動かぬ山を眺め、生きた川に遊ぶ。
毎日のように繰り返されるよろこびや悲しみ、驚きと感動、
そのすべてを記憶にとどめることはできません。
しかし、その多くが「体験」という形に姿を変え、心の片隅に残ることを、
積み重ねてきた「体験」が思わぬところで役立つことを、私たちは知っています。
興味という名の幹に支えられた、才能の枝を照らす太陽となり、
ときに、太く力強く伸びる根に欠かせない水となる豊かな体験の機会を、
分け隔てなく与えることのできる環境づくりを目指す当園のスローガンは、 「あしたの根っこ」
いままでも、そしてこれからも、
「知・情・体」のバランスのとれた教育を通し、
仏さまを敬い感謝する気持ち、他への思いやり、
自分ですっくと立ち上がることのできる心と身体の力を
育んでいきたいと私たちは考えています。